漢方治療

苦い、面倒、高価という漢方のイメージはすべて間違いです。

当院の院長は、勤務医時代から30年以上にわたって漢方薬を研究し、実際に治療に用い、多くの効果を上げてきました。漢方には、「苦い」「面倒」「高価」といったイメージがあるようですが、体質・症状に合っていれば苦さは感じませんし、医療用として医師が処方する漢方薬はエキス製剤で普通の粉薬のように簡単に飲めます。しかも保険診療なので安価です。

生薬由来の漢方にはまた、効き目がゆっくりというイメージがあるかもしれません。確かに1~2週間ほど飲み続けることで効果を実感できるものも多くありますが、中には、たとえば花粉症やギックリ腰のように、服用後30分ほどで効果が実感できるものもあります。アトピー性皮膚炎や副鼻腔炎など長期服用が必要な慢性病には、副作用のない漢方薬が安心です。

当院では、西洋医学だけにこだわらず、漢方薬が効果的な症状に対しては漢方薬で治療するというように考えています。近年では、抵抗力が弱く風邪をひきやすい方、疲れやすい方に体力をつけるために、西洋医学のお薬に漢方薬をプラスして併用するケースが多々あります。病気の治療目的だけでなく抵抗力をつけ、元気で長生きするためにもっと多くの方に気軽に漢方薬を飲んで欲しいと思っています。さらに、漢方薬のメーカについてもこだわりがあります。ほとんどの医療機関ではT社の漢方薬を採用しています。当院ではT社も含め四つのメーカーの漢方薬を処方しています。同じ名前の漢方薬でもメーカーにより生薬の産地や処理法が異なり、効果にも大きな差があります。当院では漢方薬の種類ごとに最も効果のあるものを選んでいます。

費用 1カ月1,000~2,000円

※健康保険3割負担の方

漢方薬へのこだわり

当院は特定のメーカーに限定せず、生薬にこだわった、もっとも効くと思われる漢方薬を厳選し、約100種類を揃えています。また、医療機関によっては漢方薬を複数処方するところもあるようですが、当院では「漢方薬は一つに絞って飲むことで効果が高まる」との考えから、基本単体で処方しています。

漢方治療の主な対応症例・疾患

  • 抵抗力、免疫力をつける・ガンの予防
  • アトピー性皮膚炎・じんましん・慢性湿疹
  • 気管支喘息・アレルギー性鼻炎・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)
  • 慢性疲労・疲れやすい・虚弱体質・風邪をひきやすい・消化不良
  • 頭痛(片頭痛・慢性頭痛)
  • ひざの痛み・神経痛・その他の痛み・夜中などに足が引きつる・手足のほてり
  • 過敏性腸症候群・手術後のおなかの調子が悪い
  • 更年期障害・生理痛・冷え性・めまい・立ちくらみ・のぼせ・イライラ・自律神経失調症などの婦人病
  • 食欲低下・胃のもたれ感・下痢



診療時間 9:00-12:30/14:00-18:00 (木・土 9:00-12:30/午後休診) 休診日 土日祝 092-585-7711